山からの恩恵 

山は大気を創り、水をたたえ、河川を浄化し、生命を育む。そして多くの恩恵を与えてくれます。健康な山から流れ出る養分やミネラルに富んだ水は、川をつくり、海へと注ぎ、豊かな漁場をつくります。その恵みを社会に還元することで山を「守る」、日本の伝統的な家づくり。国産の木材を使うことで山は手入れされ活性化します。老木から若木へと木を更新することで、山に力が戻り森林資源の再生を図ることができるのです。山が健康であれば雨は土中に浸透し、時間をかけて川へと流れ込みます。山のミネラルや養分を含んだ水は海へと注ぎ込み海産資源の豊かな漁場を育んでいます。

高耐久、長寿命の住宅の提供。

新築時の耐震性を長期間維持し続けることで、住む人の安全を守ります。

住宅の耐震性は新築時の強度に基づいて考えられています。この強度の確保は柱や筋交いや土台などの構造材で構成される耐力壁によるものですが、通常これらの構造材は壁の中や下にあり、住宅が建てられたあとではその状態のチェックができません。もし構造材がシロアリや腐朽菌の被害にあい十分な強度の確保ができなかったら耐震性は著しく損なわれます。

安心して住まうことのできるハウスガードシステムの家は、木材に長期に渡る耐久性を与える加圧注入処理を施しています。本来、無垢材が持っている暖かさ、風合い、強靭さはそのままに、比類のない耐久性を持ち、寸法や形状の変化を抑制した理想的な建材が「緑の柱」です。

木材に長期に渡る耐久性を与える「加圧注入処理」、それは理想的な木材保存法です

国産無垢材「緑の柱」で建てる ハウスガードシステムの家

 

「緑の柱」は加圧注入処理により生まれます。マイトレックACQを内部まで浸透させ、非常に高い効果を半永久的に持続する、防腐・防蟻効果が自慢です。また木材の収縮や割れ、変形を抑え、新築時の精度を保ちます。ハウスガードシステムの防腐防蟻薬剤(マイトレックACQ)の主成分は、銅、塩化ベンザルコニウムなど歯磨き粉・ウエットティッシュ・ハンドクリームのような私たちの身近な商品に使用されている成分です。技術や保存剤に安全が確立されているものを使用し、シックハウス症候群の原因となる物質は含んでいません。ハウスガードモデルハウスでは安全性の実証も行っています。( ㈱コシイプレザービング資料 )